MACD(マックディー)とは? MACDを使ったトレード

テクニカル

いつも逆ポジ!いつもゼロカット!
まさに『逆ポジの神』!!

こんにちは。逆ポジの神です。

今回は、テクニカル指標の『MACD(マックディー)』を紹介します。

MACD(マックディー)とは?

MACD(移動平均収束拡散)は、『MACD』と『シグナル』の2つ(※)を表示して、
買いと売りのタイミングを判断するテクニカル指標です。
読み方は「マックディー」です。

MACDは、設定や見ている時間足によりますが、トレンド相場に有効はテクニカル指標です。
そのため、ボックス相場の場合、ダマシにあいやすく損切りが多くなる傾向があります。

  • 『MACD』:短期EMA(指数平滑移動平均線)と長期EMA(指数平滑移動平均線)の差(乖離幅)
  • 『シグナル』:『MACD』のEMA(指数平滑移動平均線)

※チャートソフトによっては、『MACD』と『シグナル』に加えて『ヒストグラム』の計3つを表示している場合もあります。ここでは、MT4のMACDの紹介をします。

MACD(マックディー)の設定

MACDは、短期EMAが「12」、長期EMAが「26」、シグナルが「9」に、
設定されていることが多いようです。

MACD(マックディー)を使ったトレード

ゴールデンクロスとデッドクロス

MACDの基本的なトレードの方法は、

  • 買い(ロング):『MACD』が『シグナル』を上抜けたら(ゴールデンクロス)買い
  • 売り(ショート):『MACD』が『シグナル』を下抜けたら(デッドクロス)売り

というやり方です。

『MACD』、『シグナル』が、0(ゼロ)よりも上にあれば買いの力が強く、
逆に0(ゼロ)よりも下にあれば売りの力が強いとされています。

MACDはトレンド系のテクニカル指標なので、、、

  1. 長期のチャートでMACDのシグナルを確認して、
  2. 短期のチャートでMACDのシグナルが出たところでエントリー

のようにトレードするのが良いと思います。

例えば、、、

①日足チャートでゴールデンクロスを確認

②1時間足のゴールデンクロスでエントリー
③1時間足のゴールデンクロスで再度エントリー

ショートは、逆のパターンになります。

その他のトレード方法

例えば、それぞれのチャート(日足、1時間足など)ごとにパラメーターを変更したり、
同じ時間足のなかに、異なったパラメーター(長期・短期)のMACDを2種類入れてトレードすることもできます。

他にも、別のテクニカル指標を表示させたり、
移動平均線の並び方やローソク足の位置を見ながらトレードしたり、
『MACD』と『ローソク足』のダイバージェンスを利用したトレードなどもあります。

いかがでしょうか?

いろいろ検証してみてください。

神からの頼みごと!!ちゃんとクリックしてくれよ?
 逆ポジの神は、為替・FXランキングに参加中!
 私のために、1日・1クリック頼むぞ!!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカル
逆ポジの神をフォローする
スポンサーリンク
逆ポジの神のFXトレード!

コメント

タイトルとURLをコピーしました